読む人数によっては費用をかけることが無駄になる

メール配信システムは見込み客や顧客への商品やサービスの紹介だけではなく、顧客をヘビーユーザーにするためのマーケティングツールとしても知られています。無料版と有料版が存在し、無料版よりも有料版のほうがサービス内容が充実しているのは事実です。顧客属性やクリック率、さらに顧客のライフスタイルに最適な形でアプローチできるため、企業には大きなメリットといえます。しかし、デメリットもあると知っていましたか。もちろん機能面でのデメリットはほとんどないといってもいいでしょう。しかし、費用を支払うほどの価値があるかどうか、考える必要があるからです。読む人が圧倒的に少ない場合、有料サービスを使う必要はありません。配信しているメールの数を確認して契約を継続するかやめるか考えましょう。

使いこなせるように人材教育が必要

月額制でメール配信システムを利用しても、自社の担当者が機能を使いこなせないタイプであれば、意味がありません。契約前に担当者の教育もしっかり行っておくことが必要です。実際に同様のメール配信システムを利用している人の中には、動画配信サービスで使用方法を紹介している場合が少なくありません。定期的に動画を見てもらい、確認してもらうことで問題なく機能を使いこなせるようになるでしょう。ただし、担当者が1人でこなすのは大変なほどメール読者がいる場合、サポートとして何人か使いこなせるようにしておくことが必要です。さらに、毎月支払う必要があるため、一度にまとめて支払うよりも割高である場合があります。この場合、契約内容を確認して支払い方法を変更することも必要です。