導入や運用のために莫大なコストが掛かることもある

オーダーメイドのメール配信システムは、メールマーケティングを効率良く進めるうえで便利なツールの一つとして全国的に浸透しつつあります。一方で、一度に送信できるメールの数やコンテンツ作成などの機能にこだわる場合には、導入や運用のために莫大なコストがかかってしまうこともあるため、様々なケースを想定して外注化を検討するのがおすすめです。たとえば、顧客数がそれほど多くない企業がオーダーメイドのメール配信システムの構築を外部の業者に依頼する場合には、費用対効果の観点からリスクが大きいため、外注の必要性について慎重に判断をすることが大切です。その他、無駄なコストを省くうえで、おおよそのメール配信システムの外注費用の相場を早めに知ることも大事です。

必ずしも自社のニーズに合ったシステムを導入できるとは限らない

オーダーメイドのメール配信システムの構築の実績が豊富な業者は多数ありますが、業者によってエンジニアのスキルや得意分野などにバラつきがあるため、希望通りの依頼先が見つかるまでに時間が掛かることもあります。また、システム開発に長けた熟練のエンジニアに一から作業をお願いする場合は、百万円を超えるコストが発生するケースも珍しくなく、企業の経営状態や事業規模によっては経済的な面でダメージが大きくなってしまいます。なお、各業者に在籍するエンジニアは、IT業界以外の業種の事情に精通しているわけではないこともあり、打ち合わせの時間の不足などにより、自社のニーズに合ったシステムを提供してもらえないこともあります。